FC2ブログ

アローズ日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

日曜日、兄ちゃんと硬球でキャッチボール

取りそこねて(涙)

さすがに、ソフトボールと違って
当たった瞬間は
腕全体が、
じーーーんとしびれて…

すぐに、腫れてきて
痛い痛い(>_<)

水曜の今日もまだ痛いです。

会社で、隣の六歳下の同僚

「どうしたんですか!!」

「実は…DVで…(涙)」

「…旦那さんは、もっとひどいんでしょうね…」


……(`´)凸
スポンサーサイト

只今、申し込み完了

どぉか、当たります様に♪


最終日なのに?

最終日だから?

すごく沢山人がいてびっくり
( ̄▽ ̄;)
随分時間が経ってしまって(汗)
大好きな4人。。

時々は、顔みせてね~



DSCN5012.jpg


【10 諒大】

 キャプテンで・・ピッチャーで
 本当に大変だったと思います。

 試合中は
 何度も何度も、諒大母と一緒に
 「いいよ!!いいボールよ!!」と
 大声出しました。

 プチアローズの面倒もよく看てくれて・・・
 目が合うと
 にや~~~と去っていく(^^)
 おちゃめな子で。
 ホームラン打っても
 なかなかハイタッチしてはくれなくて
 よく、お母さんたちから
 強引にハグされてました(笑)
 
 けれど、練習の準備は
 早くきて、一人もくもくとしてくれてた。

 【3 まつ】

 6年になってキャッチャーを任され
 黙ってこつこつ練習してた まつ

 いつも穏やかそうに、にこにこしてて
 私達にも、にこっ^^ってする顔がすごく可愛くて。

 けれど、試合になったら
 真剣な眼差しで向かっていってた。。
 どうしても、ここで打ちたい!って場面で
 打てなかった時、それは悔しそうに
 自分を責めてた まつ。

 そして、それを黙って見守ってた 母

 どちらも傍で見ていた私は
 胸が一杯に。。。


 【20 勇哉】

 いつもいつも
 セカンドで・・真剣に練習していて
 本当に野球が好きなんだなって

 妹の面倒もよく看てて。

 休憩時間それは楽しそうに遊んでる顔が
 すごく印象に残ってる 勇哉

 夏に引越しで、
 アローズを離れないといけなくなった時
 大人も子供も 皆 寂しくて。
 
 卒団式で久しぶりに顔みたら
 大きくなってるし^^

 皆と変わらず楽しそうに練習してる姿が
 嬉しくて。

 【7 晨平】

 勇哉と同じで
 夏に、引越しで 兵庫に行ってしまった晨平

 卒団生4人の中で
 一番、とんぴんはねてた子で(笑)
 いい雰囲気をつくってくれてました。

 6年になったばかりの時
 ファーストを守るようになって
 ベンチが1塁側の時は
 一番近くで、見ていました。
 きっとそれもプレッシャーになってたかな!?

 時間の経過と共に
 上達していくのを見るのは
 私の・・いや私達みんなの喜びで。

DSCN5013.jpg

 
 ここアローズで・・
 
 沢山の人に
  
 沢山
 愛された経験は
 
 大人になって
 プラスになる時が
 
 きっと・・・ 
 
 あると思います。



 これから先


 

 嬉しいことも、幸せなことも もちろん

 反対に、しんどいことも。。。

 沢山沢山いろんなことがある。



 ここ・・・



 オレンジでの経験が


 君達の 道しるべになることもあるかと思います。

 
 忘れないで。
 
 

 
 諒大・まつ・勇哉・晨平
 卒団おめでとう!!


 
DSCN5033.jpg

全国大会北九州予選

西日本大会北九州予選

九州大会北九州予選


全て・・・2回戦敗退

そして、日曜の
スポーツ少年団春季ソフトボール大会も 敗退

勝てません。

途中の
小倉南区Aクラス春季大会は、優勝できたものの

・・・勝てない。


日曜の試合
3点先制し、3点入れられ
タイブレーク

敗退

勝たせてやれない。。



「悔しい。。」



泣いてしまいました。



私の出来ることなんて、知れてるけれど


けど、頑張れ!頑張れ!と


うるうるしながら応援して。

この気持ち、届いて!

と大声だして。

大丈夫!練習してきたんだから


どんどん上手くなってきてるんだからと。



017.jpg
両監督の話・・・。

これだけ何度も負けてきてるのに
お前達から、何も感じない

声を出す
応援する
声をかける

そんな
当たり前の事が出来ていない

今日とった3点も、4年生のヒットでの3点
6年生。 何も感じないのか。


とにかく野球をやってない

必死になっていない





・・・・・試合後。
ひとりのお母さんから聞かれました。



あ~ちゃん
何が足りない?・・・と。


何かを伝えてあげれるほど
出来た人間でもないし

それこそ、最近
凹んで沈んでしまって。

背中をそっと押してくれる人がいて
支えられていて。

そんな駄目駄目なんだけど。



ただ、ただ
思ってることは


こんなに、子供と一緒の時間を過ごせるって
ほんとは、一番贅沢なことなんだと。


いいところも、もちろん
だめだめなところも
沢山、見ちゃうけど

こんなに真近で
子供の成長を見て、一喜一憂して。


子供がつらいと、

もっと辛いし


子供が喜んでると、

もっと嬉しいし 



幸せだし。




夢中になるんです。


もっともっと
夢中になったら


大変なことも
やりがいにも、なるかもしれない


大変なことも
なんちゃなくなるかもしれない


実際
フルタイムで仕事してる私は
土日の方が、早起きだし
土日の方が、お弁当の数多いし(笑)
(ご存知の方はいらっしゃいますが)
仕事は精神的にハード!?ですが
土日に、我が子だけでなく
子供達みんなと、笑ったり
時には「こらあーーーー!」と怒ったり

そんな一緒の 【時】 を過ごせることに
幸せを感じます。


みんな本当に 可愛い。

みんなみんな 可愛いです。


二の足を踏んで、
何の一歩も進まないよりは、
ささやかでも、小さくても、
とにかく、一歩進んだほうがいい。


もっともっと
声をかけてあげて・・・


もっともっと
応援して・・・


だいたい迷っている時、
できる理由よりも、
できない理由の方を
無意識に探したがる。

けど、
沢山のできない理由は、
たった1つのできる理由に負けるんじゃないかな。

とにかく、
一歩進んで。

そうすれば、
眺めも変わるから、
見えてくるものもある。

見えてくるものがあれば、
またさらに、一歩を
踏み出せるようになる。

目標に向かって、
近づいていくためには、
その一歩一歩しかない。

大股で一歩、ジャンプ、
というのも、
時にはあるだろうけど、
それをつなぐのも、
一歩、一歩。

何かに熱中している人、
がんばっている人を見ていると、

自分にも
勇気が湧いてくるんです。

自分のなかでは、何度も何度も
負けそうな気になっているのですが。

なんだか、長くなりましたが
子供達と一緒に 勇気をもって
頑張ります!




この勢いにのって
次も取りますっっ!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。